Welcome to my blog

ニャンズと申します。

我が家の猫達4匹の日常を少しずつ書いていこうと思います。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 命の保障期限は7月末日

120619171429_38.jpg

120619171429_1.jpg

120702095251_57.jpg

120709093713_15.jpg


北海道名寄市の市営住宅、それも3LDKに70匹以上の猫を繁殖させている方がいました。
トイレの躾もせず食事も十分に与えられず、近隣住民の方達からの悪臭に対する苦情により発覚、色々な諸問題を解決出来ないまま住宅退去の強制執行がなされ、名寄市によってやっと猫達は保護されました。

保護されてすぐに10匹が死に、残った猫達の命の保障期限も7月末までと迫っています。

適切な飼育をされていなかったため近親交配を繰り返し、どんどん増えたペルシャ系の猫達。
先日の2回目の譲渡会では6匹に里親さんがみつかりました。
ボランテイアさんの努力や譲渡会開催により現在は30匹ほどまで減りましたが、それでも30匹もまだ里親さんがみつかっていません。

現在猫達が保護されている場所は名寄市の廃校になった体育館です。
水道も止まっている環境で、お世話をされてる方達の多くがボランティアで頑張っていらっしゃいます。
名寄市では同じことを繰り返すことのないよう、里親をご希望される方には身分証明書の提示をお願いしているそうです。
保護当初、廃校使用期限は7月19日でした。
それが延長され7月31日までとなりましたが、それでもあと20日足らずです。
8月からの猫達の処遇については未定で、名寄市では動物愛護団体と保険所と話し合いをしているとのこと。

今回の問題は多くの有名ブロガーさんも詳しく記事になさっています。
あまりにも内容が悲しすぎてわたしは自分のブログに書くことが本日まで出来ませんでしたが、命の保障期限がドンドン短くなる残された猫達のことを考えると「こんな辺境の地にあるブログだけど、僅かでも情報発信が出来るなら書こう」という気持ちになりました。


※上の写真は里親さんを待っている猫達の一部の写真です。名寄市ホームページにて他のコの写真がアップされています。


名寄市 猫の里親募集について(名寄市ホームページ)
http://www.city.nayoro.lg.jp/www/contents/1339659463326/index.html


人間の身勝手な行動でこの猫達は命の保障をされないまま、現在小さなケージに囲われています。
どうか全てのコがこの先の「生」を本当の命の期限まで約束されますように。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

- 4 Comments

ガマッチョG  

No Subject

名寄市のホームページも見てきました
この猫ちゃんたちの視線が心に突き刺さります
・・・どうにもしてあげることが出来ません
つらいです

2012/07/12 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

ahoo  

No Subject

わたしも突き刺さります。
こういう期限を設ける制度があることが
悲しくやるせないです・・・。
制度を作るのも人間、救えるのも人間なんですよね。
祈るばかりの無力なわたしです。

2012/07/12 (Thu) 23:15 | EDIT | REPLY |   

髪の毛お化け  

No Subject

衝撃的な内容でした。
どうしたら、こんな事ができるのか?
ひとつひとつの命の重さがみんな等しく重いという事を解らないのか?

どうか、命が繋がりますように・・

2012/07/15 (Sun) 22:27 | EDIT | REPLY |   

pomkame (ポンカメ)  

No Subject

皆様、コメントをありがとうございます。

今回の件では名寄市役所の方もかなりご尽力くださっています。
本来なら市役所がここまで多頭飼い崩壊にかかわり、ましてや保護場を用意し、里親を1ヶ月以上募集するというのはあり得ないことだと思っています。
市役所の方もボランティアさんも殺処分は避ける方向で話が進み、猫達全ての命が助かる可能性が高くなってきているとのことです。
だからといって今回の件は「よかった、よかった」で済まされる話ではなく、この悲惨な状況を多くの方が耳にし、そして命についてもっと深く考えてくれたらと思っています。



2012/07/16 (Mon) 00:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。